AviUtlで倍速ビデオを作成する方法

AviUtlはフレームレート設定とサンプリングレート変換を使用して倍速ビデオ作ることができます。

1.5倍速再生のファイルを作る場合の手順は以下です。

(1)[設定]-[フレームレート変更]-[20fps<-30fps(2/3)]を選択する


(2)[設定]-[音程の調整の設定]を選択し、設定値を150にする。


1.5倍速のビデオを作成するので150に設定しています。


(3)[編集]-[再生速度の情報を変更する]を選択する


(4)フレームレートを44.955に設定し、サンプリングレートを72000に設定する

この例は元データがビデオ29.97ps、音声48000Hzの場合です。
1.5倍速にしているので以下となっています。

ビデオ:29.97x1.5=44.955
音声 :48000x1.5=72000


(5)[フィルタ]-[音程の調整]にチェックを入れる

音程の調整フィルタは以下から入手できます。

PitchControl_001.zip

■注意■
x264guiexを使用してMP4ファイルを出力する場合は、[qaac/refalac (AAC/ALACエンコーダ)]が必要です。AviUtlで音声速度を変更するとAACの規格外の周波数になります。
このため周波数変換に対応しているAACエンコーダーが必要となります。
neroAacEncを使用すると出力時にエラーになります。
amazon売れ筋商品