2018/05/12(土)[Android]ミニチュア写真の作成アプリを公開しました。

アプリ紹介は、なるべくやめようと思っていたのですが、何となく書いてみます。

画像を取り扱うアプリを作りたくて、以前に文字認識アプリを作ってみました。
今回は、画像フィルタを取り扱うアプリを作ってみました。

Androidの標準フォトアプリに一般的な編集機能が搭載されているので、用途はかなり限定してみました。

ちょっと昔にはやった「ミニチュア写真」を作成するアプリです。
使用したフィルタは以下の記事で公開しています。

[Android]チルトシフト効果(ミニチュア・ジオラマ風の写真)

こんな画面のアプリです。

Screenshot_20180510-220131.jpg


以下のように写真を加工できます。

20180506_000733.jpg

20180506_072755.jpg

20180506_073106.jpg

20180506_073231.jpg

20180506_113733.jpg

20180507_110904.jpg



ご興味がある方は以下からダウンロードして使ってみてください。

ダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.milktea.garakuta.photoeffect

2018/05/04(金)Windows10 2018 April Update のタイムライン機能

漫画ビューワ(仮)を「Windows10 2018 April Update」で追加されたタイムライン機能に対応させてみました。

20180504timeline.jpg


残念ながら、漫画ビューワ(仮)はローカルで使用するアプリなので、パソコン間での状態共有には対応できません。
しかしながら、閲覧履歴をOS上で確認できるのは便利な機能と思いました。

アプリがタイムラインを使うためには、UWPであることが必要です。
このため一般公開するには、Windowsストアで公開する必要があるのが、私的には難点となります。
(公開するのに費用が必要となるので・・・)

ご興味がある方がいたら、コメントに記載をお願いします。

2018/05/03(木)Visual Studio 2017でWindowsアプリケーションパッケージ配置時にエラーが発生したときの対処(DEP0700, 0x80073CFB)

WPFアプリケーションをWindowsアプリケーションパッケージにし動作確認をしていたときに、以下のエラーが発生し「配置」を行うことができなくなりました。
エラー DEP0700: アプリケーションの登録に失敗しました。[0x80073CFB] 他のユーザーが、このアプリのパッケージ化されていないバージョンを既にインストールしています。現在のユーザーがこれをパッケージ化されたバージョンに置き換えることはできません。競合するパッケージは XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX、その発行元は CN=-------- です。
解決方法を探した結果、以下に記載がありました。

DEP0700 Another user has already installed a packaged version of this app. An unpackaged version cannot replace this.

記載されていた手順は以下となります。

1. PowerShell を管理者権限で起動し、「get-appxpackage -all」を入力する。

2. 対象のアプリの"staged" エントリを探す。例: PackageUserInformation : S-1-5-18 [Unknown user]: Staged

3. PackageFullName をメモし、コピーする。例:ABCDEF01.YourAppName_1.0.0.0_neutral__xyz0123456789

4. 「PSExec tool」をダウンロードする。: サイトtechnet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb897553

5. コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、「 psexec -i -s -d powershell 」と入力する。

6. PowerShell が起動したら, 「 remove-appxpackage PackageFullName 」と入力する。( PackageFullName はステップ3でコピーした文字列です。)

例: remove-appxpackage ABCDEF01.YourAppName_1.0.0.0_neutral__xyz0123456789

これでVisual Studioで配置できるようになります。

2018/04/26(木)Visual Studio 2017で新規プロジェクトの作成、または、プロジェクトの読み込みができないときの対処

Visual Studio 2017 Ver.15.6 をインストールした結果、プロジェクトの作成/読み込み時に以下のエラーが発生し使用できなくなりました。

エラー.png

アセンブリ 'Microsoft.Build.Framework, Version=15.1.0.0, Culture=neutral, ublicKeyToken=b03f5f7f11d50a3a'をから型 'Microsoft.Build.Framework.IProjectElement' を読み込めませんでした。
エラー2.png

VisualC ++ Project System Pakage パッケージは正しく読み込まれませんでした
エラー3.png

このバージョンのアプリケーションではサポートされないプロジェクトの種類(.vcxproj)です。
これが発生したいときの対策方法は以下となります。

stackoverflowからの転載です。

1- Visual Studio 2017を閉じる。

2- Visual Studio 2017 の開発者コマンドをスタートメニューから管理者権限を付けて起動する。

3- 以下のコマンドを入力する。

gacutil /i "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Professional\MSBuild\15.0\Bin\Microsoft.Build.Framework.dll"

gacutil /i "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Professional\MSBuild\15.0\Bin\Microsoft.Build.dll"

gacutil /i "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Professional\MSBuild\15.0\Bin\Microsoft.Build.Engine.dll"

gacutil /i "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Professional\MSBuild\15.0\Bin\Microsoft.Build.Conversion.Core.dll"

gacutil /i "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Professional\MSBuild\15.0\Bin\Microsoft.Build.Tasks.Core.dll"

gacutil /i "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Professional\MSBuild\15.0\Bin\Microsoft.Build.Utilities.Core.dll"

4- Visual Studio 2017を再起動する。
OK キャンセル 確認 その他