2016/09/22(木)DesktopAppConverterを使ってみました。

cnv_001.jpg


9/15にDesktopAppConverterの正式版が公開されましたので、動作を確認してみました。
実際に試してみるとWin32アプリケーションを変換するまでに結構な手間がかかりましたので忘備録として手順を記載します。

DesktopAppConverterはHyper-V上で動作します。
このため設定を有効にする必要があります。

設定は「コントロール パネル - すべてのコントロール パネル項目 - プログラムと機能」内のWindows機能の有効化または無効化にあります。

cnv_002.jpg

1. Windows StoreからDesktopAppConverterをダウンロードします。

ストアのアドレス
https://www.microsoft.com/ja-jp/store/p/desktopappconverter/9nblggh4skzw

MSDNでの説明文
https://msdn.microsoft.com/en-us/windows/uwp/porting/desktop-to-uwp-run-desktop-app-converter#run-the-desktop-app-converter

2. DesktopAppConverterは仮想マシン上で動作しますので、仮想マシンイメージを入手する必要があります。

以下のアドレスから入手します。

https://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=53841

cnv_003.jpg


今回は、Windows10 Aniversary Update (Build 14393)で実施しましたので、BaseImage-14393.wimをダウンロードしています。

3.スタートメニューからDesktopAppConverterのターミナルを起動します。

004.jpg


※管理者として起動する必要があります。

4.以下を入力しHyper-Vのコンテナ機能を有効にします。

 Enable-WindowsOptionalFeature -Online -FeatureName containers -All

5. 2.でダウンロードしたベースイメージを登録します。

 DesktopAppConverter -Setup -BaseImage .\BaseImage-14393.wim -Verbose
009.jpg


※かなりの時間(30~60分)がかかりますので注意してください。

6. Windowsを再起動し、再度DesktopAppConverterを起動します。

7. 任意のディレクトリを作成し、Appxに変換するインストーラをコピーします。

ここでは以下のようにしました。

作成したディレクトリ : c:\MangaViewer
変換するインストーラ : MangaViewer_setup.exe

8. DesktopAppConverterを使用してインストーラをappx形式に変換します。

DesktopAppConverter.exe -Installer c:\MangaViewer\MangaViewer_setup.exe -InstallerArguments "/VERYSILENT" -Destination C:\Output\MangaViewer -PackageName "MangaViewer" -Publisher "CN=example" -Version 0.0.0.1 -MakeAppx -Verbose

9. C:\Output\MangaViewer\MangaViewer\MangaViewer.appxにWindowsStoreアプリ一式のファイルが作成されます。

10. 実行するには署名する必要があります。以下の手順で署名します。

(1)スタートメニュー内の「開発者コマンド プロンプト for VS2015」を実行しコマンドプロンプトを開きます。
(2)以下のコマンドを入力し署名を作ります。

 MakeCert.exe -r -h 0 -n "CN=example" -eku 1.3.6.1.5.5.7.3.3 -pe -sv example.pvk example.cer
 pvk2pfx.exe -pvk example.pvk -spc example.cer -pfx example.pfx

(3)garakuta.cerをダブルクリックします。
(4)証明書のインストールを選択します。
006.jpg

(5)ローカルコンピュータを選択して、次へ進みます。
007.jpg

(6)「証明書をすべての次のストアに配置する」を選択し、参照から「信頼されたルート証明機関」を選択し、次に進みます。
008.jpg

(7)完了を選択し証明書のインストールを完了します。

11.署名を行います。

 signtool.exe sign -f example.pfx -fd SHA256 -v C:\Output\MangaViewer\MangaViewer\MangaViewer.appx

12.PCに登録します。

 Add-AppxPackage -Path C:\Output\MangaViewer\MangaViewer\MangaViewer.appx
010.jpg


以上の手順でスタートメニューにアプリケーションが登録され動作が可能になります。

2016/09/04(日)無線LANの帯域使用状況を表示するアプリを作ってみました

とりあえず一言

無線LANのチャンネル干渉状態を調べるフリーソフトがどうやって、その処理を行っているのか知りたくなりました。思い立ったが吉日と思い、とりあえず作り始めました。

調べてみると、WindowsではNative WiFiと言うAPIを使用してWiFiの状況を取得できることが分かりました。

このAPIは、.Net Frameworkからは直接使用することができず、ラッパーをかませる必要がありました。

汎用的なAPIなので当然のようにラッパーライブラリをが公開されていました。

ManagedWifi
https://managedwifi.codeplex.com/

これらを使って、とりあえずできたものが、このアプリになります。

WiFiAnalyzer.png


定期的にWiFiの状況を取得し、グラフに表示するツールとなっています。

ダウンロード

以下からダウンロードできます。

ダウンロード

2016/09/02(金)2chライク掲示板専用ビューワを作ってみた

一通りの機能は載せれたと思いますので改めて記事にしてみました。

概要

8インチWindowsタブレットで2chライクな掲示板を気軽に見れるツールが無かったため、
簡易でいいから閲覧ができるようにと、とりあえず作ってみたツールです。

特徴

・WPFを使用して作ってあり、ウインドウのテーマが2種類用意されています。
・タブレットでの使用を前提としています。
・2chに非対応です。

・・・あまり特徴が無いですね。

画面イメージ

2ch_000.png
2ch_001.png
2ch_002.png

ご興味があれば、以下からバイナリをダウンロードは以下からできます。

ダウンロード

何も考えずに作っているので、機能はほとんどありません。


OK キャンセル 確認 その他